2018年03月11日

3.11 〜生きること〜

東日本大地震から
今日で7年です。

私は当時仕事中でした。

震度3.4の揺れでしたが、
それでも怖かったです。

しばらくしてから
東北の状況を知り、
会社の人達も混乱してました。

全国に支店があって、
転勤族も多かった為、
職場にも東北出身の人もいたし、
東北にある支店とは
無事連絡がとれるのか、
とにかく慌ただしかった様子を
今でも鮮明に覚えてます。

地震、それは誰にとっても
他人事ではありません。

それこそ、いつ、どこで、
発生するかわからない…。

私も“将来大地震がくる”と
言われている地域に住んでます。

最低限の備えは
している…つもりだけど、
やっぱり怖いです。

私はギリギリ生活だけど、
だからと言って特別“辛い”と
思ったことは特にないです。

世の中にはもっと
辛い人達がたくさんいる、
それでも皆必死に生きている。

自ら死を選んでしまう人が
いることも事実です。

でも、
生きる希望があっても
それが叶わない人が
いるのも事実です。

亡くなってしまったら、
辛いことから逃れて
楽になる…のかもしれないけど、
それと同時に終わりです。

辛いこと以外も終わり…
それでいいの?

どんなに健康な人でも
明日の保証なんてありません。

私だって今日事故に遭うかも?
地震の被害に遭うかも?
突発的な病気で亡くなるかも?

最後の最後まで、
生きることを諦めてはいけない!

諦めなかった、生きたかった。

でも、
それが叶わなかった人達の分まで
力強く生きることが、
残された人達の役目かなと
毎年この日に思います。

合掌。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサードリンク
posted by 茶々丸 at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする